エイズ 匿名検査

匿名検査はどうやってやればいいの?

 

匿名検査、匿名検査っていうけど、実際は面倒じゃないの・・・・?

 

 

 

STDチェッカーとGMEは複写式だから超簡単です。

 

 

左にあるのがSTDチェッカーの検査申込書です。

 

GMEはこんな感じです。

 

 

これらは、複写式になっています。
IDとパスワードを入れて、ペロンと上をはがすだけです。

 

これで、匿名検査が完了です。

 

ネットから申し込んで、キットを受け取るときには個人情報が必要ですが、返送するときに、こちらの情報がシャットアウトされます。

 

これで、匿名性が保たれるんですね。

 

ただ、この方法だと、WEB上での検査結果通知しかできません。

 

郵送でも欲しいという方は、STDチェッカーなら申し込みを、
GMEなら、この検査申込書に住所と名前を書いておけば郵送で送ってくれます。

 

どちらも、追加料金は発生しません。

 

 

 

こんな感じです。

 

こうなると、匿名検査とは言えなくなりますので、注意してください。

 

 

絶対に自分の身分がわからないようにしたいなら、
IDとパスワードだけ記入して、検査物と一緒に返送しましょう。

 

 

 

匿名検査はできるけれど、面倒なキットもあります。

 

 

これは性病検査キットの「ふじメディカル」の検査申込書です。

 

わかりづらいかもしれませんが、郵送、メール、電話の3種類から選んで結果を教えてもらいます。

 

匿名検査にしようと思うと、メールか電話になります。

 

メールにするなら、間違えないように手書きでアドレスを書かなくてはいけません。
電話ならIDを自分で控えておかないといけません。

 

複写式ではないので、STDチェッカーやGMEのキットに比べると面倒なんですね。

 

こういうキットもありますので、匿名検査ができるといっても、キットによってやりやすさに差があります。

 

 

 

どうしても、匿名検査!と考えているならやりやすいものを最初から選ぶようにしてください。