エイズ 血液採取 失敗

もしも、血液の採取に失敗してしまったら・・・・?

 

 

 

もしも、血液の採取に失敗しても、この2つのキットなら大丈夫なんです。

 

STDチェッカーとGMEの検査キットは再検査が無料なんです。

 

 

まずは、最初から血液ランセットは予備がついています。
基本は1つだけしか使いません。

 

説明書のとおり、手をマッサージして針をさせば、ろ紙に必要な血液はすぐに採取できます。

 

それでも、血液の量が足りず、再検査になった場合でも、
当サイトで紹介している2つのキットは再検査のためのキットをまた送ってくれます。

 

ほかのキットは、また同じくらいの値段が取られたりすることもあるんですが、
この2つは無料です。

 

予備のランセットで足りますが、こういう再検査無料という安心感が血液検査には必要だと思います。

 

失敗しても大丈夫なので、安心して検査をしてください。

 

 

 

それでもしつこく失敗したらどうするの?

 

そんな時のために、STDチェッカーもGME医学検査研究所もサポートセンターがあります。

 

ランセットの使い方を解説してもらいながら、血液の採取を行うと良いでしょう。

 

動画での使い方も公式サイトに載っていますので、あせらずにランセットをつかってもらえれば、
問題なく血液の採取が出来ると思います。

 

刺すときは怖いと思いますが、きちんと指を圧迫して針を刺すと、チクリとした痛みを避けることができるんですね。

 

爪を立てられたような感覚になります。

 

自分で自分を傷つけるのが怖い人もいると思いますが、サポートセンターを使って誰かの声を聞きながらやれば、
少し楽になると思います。

 

 

 

 

血液検査は、検査結果だけではなくて、自分でできるのか不安になると思います。

 

でも、この2つは再検査無料。失敗しても大丈夫。

 

そう思って、楽な気持ちで検査をしてくださいね。