エイズ 基礎知識

期待されているエイズの遺伝子治療とは?

 

エイズの根本的な治療方法が確立されることを望みます。

 

 

 

エイズウイルスを倒す薬の開発とともに、エイズに負けない細胞をつくる治療方法への期待。

 

エイズは、自分の身を守るために、絶えず変異を繰り返します。
エイズを死滅させる薬ができたとしても、その薬に耐性のあるウイルスが出てくる可能性があるんです。

 

そこで、今、期待されているのが、遺伝子治療によってエイズによってダメージを与えられないリンパ球の研究です。

 

エイズはリンパ球にダメージを与え、人の免疫能力を下げて、人の命を奪います。

 

なので、エイズに効くワクチンが望まれますが、リンパ球がエイズに負けないというアプローチからの研究もすすめられています。

 

 

 

エイズに対する治療はどこまで来ているの?

 

HIVがリンパ球に入り込み、増殖する初期過程を抑える逆転写酵素阻害薬。
免疫力を高めて発症を遅らせるくすりなどが開発されています。

 

また、エイズ発症の過程で起こるカリニ肺炎やカンジダ症などの感染症については、発見が早ければほぼ100%治療することができるようになっています。

 

つい、先ごろも、結核患者に効く新薬が開発されました。

 

エイズになるのは、意識が低かったその人の責任という声もあります。

 

それは正しいように聞こえますが、一度の失敗、一度の過ちで、
その人の全てが否定されてしまうというのは私は行き過ぎのように思うのです。

 

もう一度、そのチャンスがあってもいいですし、そういう社会になって欲しいと思います。

 

エイズの特効薬はなくても、エイズによって死に至る人をなくす治療は確実に進歩しています。

 

今後、予防のためのワクチンなどもできることを願います。

 

 

 

今でも十分普通に生きられる。

 

エイズに感染しても、早い段階で発見できれば、寿命を全うすることはできると言われています。

 

そして、前の記事でも書いていますが、エイズに感染しても、限りなく感染をゼロにおさえながらの妊娠・出産は可能です。

 

費用はかかりますが、こういう点からいうと、
ほとんど普通の人と変わらない生活を送ることが日本では可能だと言えます。

 

このことを認識できる社会にすることが、これから必要なことですね。

 

そうすれば、エイズへの偏見も薄れ、暮らしやすい社会になっていくと思います。

 

もう、必要以上に恐れる必要はない病気です。

 

このことは知っておいてください。

 

 

 

 

 

関連ページ

エイズ=死はもう古いんです。
エイズについて、あなたはどれだけ知っていますか?10年前のエイズの知識のままで、ただただ怖いとだけ思っていませんか?そんなあなたのためのエイズの基礎知識です。
エイズでも妊娠・出産ができる時代へ
エイズについて、あなたはどれだけ知っていますか?10年前のエイズの知識のままで、ただただ怖いとだけ思っていませんか?そんなあなたのためのエイズの基礎知識です。
フェラチオで感染はないのですか?
エイズについて、あなたはどれだけ知っていますか?10年前のエイズの知識のままで、ただただ怖いとだけ思っていませんか?そんなあなたのためのエイズの基礎知識です。