エイズ 基礎知識

知っておきたい!エイズの基礎知識

 

 

 

 

未だにエイズという言葉だけが一人歩きをしていて、怖い病気とだけ思われる方が多いようです。

 

エイズは空気感染はしませんし、感染力も非常に弱い性病です。

 

きちんとコンドームをして性行為をすれば、感染者との性行為であっても、感染はほぼないと言われます。
感染してしまう原因としては、コンドームが途中で破れる、きちんと装着できていなかった、となります。

 

そして、もし、感染したとしても、1日1回服用すれば、エイズウイルスが体内にいても、寿命を全うできる薬があります。

 

エイズウイルスの感染駆除ができる薬はありませんが、体に害が出ないほどの数に抑えることはできるんです。

 

もう、死の病ではありません。

 

エイズにかかった女子高生が命をかけて、好きな人の子供を産む。

 

そんなドラマも昔ありましたが、本当に過去のことです。

 

このページでエイズの正しい知識を身につけてくださいね。

エイズの基礎知識記事一覧

エイズ=死はもう古いんです。

エイズの発症を抑えられる薬はあるんです。エイズを完治する薬はまだできていません。しかし、エイズの発症を抑えられる薬はすでにできています。1日1錠の薬を飲むだけで、後は、普通の生活が送れるんですね。エイズの治療代は高い?保険適用外の値段で言うと、20万円ほどかかるそうです。保険が適用されて、6万円。2...

≫続きを読む

エイズでも妊娠・出産ができる時代へ

感染が男性でも女性でも妊娠・出産は可能です。男性が感染しているなら、体外受精をします。女性が感染しているなら、人工授精をします。こうして、お互いに感染することを防ぎながら、妊娠というステージに進みます。日常の性行為はきちんとコンドームをつけることで感染を防げます。絶対に100%ではないですが、きちん...

≫続きを読む

フェラチオで感染はないのですか?

男性が女性にペニスを舐められる行為はエイズ感染の可能性があるのでしょうか・・・・女性側が感染者で男性の性器を口に含む場合は感染率0です。おおさかエイズ情報NOWというサイトがあるのですが、ここで公表されている情報によると、この場合の感染可能性はゼロといます。性病は粘液接触で感染すると思われがちですが...

≫続きを読む

期待されているエイズの遺伝子治療とは?

エイズの根本的な治療方法が確立されることを望みます。エイズウイルスを倒す薬の開発とともに、エイズに負けない細胞をつくる治療方法への期待。エイズは、自分の身を守るために、絶えず変異を繰り返します。エイズを死滅させる薬ができたとしても、その薬に耐性のあるウイルスが出てくる可能性があるんです。そこで、今、...

≫続きを読む

エイズは「慢性感染症」だと考える。

2014年4月に発売された「ドルテグラビル」エイズ感染者が死ななくなったということは、高齢化が進むということです。そこで期待されている新薬が「ドルデグラビル」なんです。1日1回1錠を飲めばよく、ほかの薬とも併用が可能。高齢化が進むとどうしても、いろんな病気を抱えますので、そういった薬と併用でき、患者...

≫続きを読む

どれくらいの人が日本ではエイズに感染しているのか。

1年でこれだけ多くの感染者が出ているんです。年間で約1500人ずつエイズ感染者が増えています。日本では22012年末までで、HIV感染者数は1万4706人、エイズ患者は6719人、また薬害エイズ被害者など1439人を合わせると合計で2万2864人という数が報告されています。そして、この人数は1年で約...

≫続きを読む